トップページ の中の 卸会員インタビュー の中の 「宝塚美研」片岡様

電脳卸で成功する秘訣とは?「宝塚美研」片岡様

1ページ目 / 2ページ目 / バックナンバー

電脳卸の卸会員として大成功を収められている『宝塚美研』の片岡様に、ショップ成功の秘訣と電脳卸の良さを語っていただきました!

電脳卸との出会い

電脳卸はデジタルの世界なんですけど、非常にアナログな感じがするんです。

電脳卸

本日はお忙しいところ、インタビューに応じて頂いてありがとうございます!
よろしくお願い致します。

片岡

よろしくお願いします。

電脳卸

まず始めに、電脳卸を利用しようと思ったきっかけについてお聞かせ頂けますでしょうか?

片岡
「宝塚美研」の片岡さん

きっかけ・・・というのは、ネット販売を始めるにあたって、資金がタイトであったので、なるべく安く宣伝する方法を探していて・・・という事ですね。
なるべくイニシャルコストをかけずにと、自分でサイトを作成していた矢先に、知り合いから紹介されました。

電脳卸

宝塚美研様には電脳卸の立ち上げ当初からご利用頂いておりますが、当時の電脳卸の印象はどうでしたか?

片岡

非常に面白いなと感じてました。どう言えばいいのかなぁ・・・デザインの世界で言うと、ユニークである事は非常に強いんですね。流行に乗った、どこ見ても同じという印象は、デザインの世界では一番やってはいけない事ですし、避けないといけない事なんです。そういう意味で、(既存のサービスに)埋もれていないのは非常に素晴らしいと感じてました。

電脳卸

ありがとうございます!

片岡

キャラクターのデザインとかデティールとかはさておき、全体の雰囲気からやりたい事、伝えたい事が伝わってきて好感が持てましたよ。あと、こちらがお願いした事を本当に一所懸命やって頂いていたので非常に嬉しかったですね。

なんかね、電脳卸はデジタルの世界なんですけど、非常にアナログな感じがするんです。そういう雰囲気というか、ポリシーは持っていてもらいたいと思います。
クールヘッドにウォームハートですね。

電脳卸

(笑)クールヘッドにウォームハート、いい言葉ですねぇー。それでは、実際に使ってみて「あぁ、これいいな」と思われた事はございますか?

片岡

んー・・・、一番は露出が増える事ですね。
ネットショップの世界は、皆さん幻想を抱いていると思うんですよ。「爆発的に売上があがる」とか、「一気にマーケットが広がる!」とか。

だけどね、(インターネット自体は)一つのツールなんですよね。売上をあげる手段として使用するツール。

例えば、システムキッチンを売るとすると、お客様に対して住宅以外にも高い買い物をしてもらわないといけない。そうすると、マンツーマンでお客様のところに何回も通って、設計図を何度も提出して打ち合わせて、やっと「じゃあ、これでいこうか」という承諾を頂いて商品が売れるわけですよね。
実店舗でも、目の前を通るお客様に対してのアピール方法があるわけじゃないですか。そうすると、ネット上でも同じように売ろうと思ったら・・・というだけの話だと思うんですよ。

という事は、ネットで売上をあげようと思うと、お店の前を掃除するのと同じようにメルマガを出したりという事は必要なんですよね。

私の商品は非常に素晴らしいと自負しているので、どんどんお客様に伝えたい。ずーっと宣伝していきたいし、たくさんの人に知ってもらいたい。
そういう意味で、露出を増やすのであればアフィリエイトは非常に相性がいいサービスですね。
お店だけでは立地などの問題がありますので、そういう意味で非常に助けられてますね。

最初の数ヶ月は全く売れない時期もありましたけど、露出を増やす為に納得済みで参加したし、売れ出すと徐々にそういうサイクルになってくるので(販売店さまの数が増えると)メルマガを書くのも楽しみになってくるし非常に満足しています。

電脳卸

ありがとうございます!そのメルマガの話にも繋がるかと思うのですが、電脳卸を使っていく上で気をつけるところやポリシーはどんなところでしょうか。

次のページへ>

1ページ目 / 2ページ目 / バックナンバー

→『宝塚美研』stmx店はこちら
まずは気軽に資料請求!